鎌倉武士(大鎧) Sサイズ(1/10スケール) 赤糸威 源頼朝モデル

大鎧を身に着けた鎌倉時代の武士を、源頼朝をイメージして1/10スケール(高さ約16センチ)で精巧に再現したペーパクラフトフィギュアの完成品です。
*手足やからだを動かせ、ポーズを変えることができます。
*保護用クリアケース入り(送料別)
(スタンダードモデル)

¥2,000 (税込)
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる

<<フィギュアのご紹介>>

 鎌倉幕府を開いた源頼朝をイメージし、大鎧(おおよろい)を身に着けた鎌倉時代の武士を忠実に再現した工房一押しのペーパークラフトフィギュアです。フィギュアは実際と同じように鎧直垂(よろいひたたれ)という着物を着たうえに鎧(よろい)や冑(かぶと)を身に着けた精巧なつくりで、見える範囲の鎧やかぶとの内側まで再現しているため、近くで見ても紙とは思えないほど大変リアルです。

<武士の仕様>

(鎧やかぶとについて) 現存する大鎧を参考に鎌倉時代中期の大鎧の形式を忠実に再現しています。また、かぶとには鎌倉時代中期の大鍬形(おおくわがた)を再現しています。

(武器について) 当時の武士は馬に乗り弓を主な武器として戦いました。フィギュアは太刀(たち)や箙(えびら)という矢を入れる道具を身に着け手に弓を持っています。

(装束について) 鎧の下には天皇が認めた大将だけに着用が許された錦(にしき)の鎧直垂(よろいひたたれ)を身に着けています。

<<おすすめポイント>>

 紙製ですが可動のしくみを組み込んでおり、手や指、足のほか体も前傾や左右に動かすことができます。細かいポージングも可能なのでポーズをいろいろ変えて楽しめます。

 紙製なのでお渡しする際の状態からご自身でいろいろ手を加えることができます。可動や改造のポイントの説明書をお付けしています。

 郎等(ろうとう/家来)などと組み合わせてオリジナルのミニジオラマがつくれます。お部屋に鎌倉時代の情景を再現しましょう!

<<動くポイント>>

<武士について>手と指、足のほか体を前傾や左右に動かせます。そのほかの部分も紙製なので細かくフォームを変えることができます。

※変更したフォームを固定したいときは、見えない部分にセロハンテープを貼ったり、手芸用の針金をフィギュアの中に入れると姿勢をキープできます。

<<フィギュア共通のポイント>>

<鑑賞のしかた> 厚紙製でかなり丈夫にできていますが以下の点にご注意ください。

・紙製のため水濡れは避けてください。

・紙製のため直射日光の当たる場所は避けてください。

・クリアケースは保護用のため直射日光にあてると早く劣化します。市販のケースなどに移してご鑑賞ください。

<その他のご案内>

・フィギュアの耐久性については、クリアケースに入れた状態で室内に置き観察継続中ですが、作成から5年以上経過しても退色や変形は見られません。

・フィギュアは紙工作用接着剤を使用して製作しています。破損した場合も紙工作用接着剤(木工用ボンドなど)で簡単に補修できます。

・紙製のためご自身で簡単にデイテイールアップができます。色鉛筆で書き込むこともでき、武器や情景をご家庭でお持ちのパソコンの表計算ソフトの図形機能を使って作成することもできるので、デイテイールアップにチャレンジしてみてください。(使用する用紙は厚さ0.12(衣装)~0.21ミリ(武器や背景)のマット紙をお勧めします。